​2016 あすか工房 allrights reserved

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • あすか工房

スイングするにはまず耳を鍛えよう

突然ですが、英語の勉強してますか? 普通しないよね。必要じゃなかったら。 私は、フリーランスで洋服作ってる人でして、仕事で特に英語は必要な場面ありません。 じゃあなんで英語の勉強をしているのか。



ジャズが好きなんです。



趣味です。 今は、趣味です。 実は私の経歴はちょっと変わっていて、20代の前半にジャズミュージシャンとしてプロ活動していました。 当時はドラムを叩いていたのですが、思うところあってやめてあれこれあって今はファッションデザイナーです(何があったw)。 ジャズってのは、アメリカの音楽なので、歌詞は英語です。 ドラムだと歌詞とか関係ないんじゃない?と思うかもしれませんが、関係あります。 なぜなら、歌手のバックで伴奏している以上、その歌の歌詞を理解する必要があるからです。 まあ、歌詞分からなくても伴奏出来るけどねw ただ、私は英語の歌詞を理解してから叩くドラマーとして歌手からはとても人気がありました。歌詞の勉強してからは、歌伴の仕事が増えました。 ミュージシャンはもっと歌詞の勉強をするべきだと思います。



余談ですが、ミュージシャン生活してた当時、ジャズのスタンダードの歌詞を100曲以上和訳し、サックスの友人と一緒に日本語歌詞で歌おうのコーナーを作りました。 とても人気のあるコーナーで(現在は閉鎖中)、ジャズミュージシャン以外の方も、私たちの歌詞をコンサートで歌ってくれたりしました! せっかくなので貼っちゃう〜


https://youtu.be/FlueqTXzx1Y


話を元に戻しますが、ジャズの世界で避けられないのは、歌手の英語の発音問題

発音に関しては、ジャパニーズイングリッシュでいい時と、それじゃダメな時があります。 会話とかだったら、別に発音がカタカナ英語でもなんでも、伝わればいいじゃんってこと多いです。 例えば、政治家の偉い方々とかも、カタカナ英語で喋ってるのT Vで見たりしたけど、成り立ってるし、別にこっちは日本人なんだからそんなにそっちに合わせなくたっていいし、みたいな気持ちもあります。 でも、ジャズ歌うならそれじゃダメ。残念ながら。 理由は、スイングしないから。


私は、スイングしたいからって理由で英語の発音勉強してます。 そんな動機の人少ないと思うけどw そんでおすすめはこちら!




ボッロボロw 勉強してます感が出てるでしょw

英会話はいまだにできないけど(挫折王)、これ読んでからジャズのフィーリングが身につきました。 本来のこの本の使い方と違うと思うけど、ジャズを歌う方にはとってもおすすめだよ〜。 目から鱗、ってか、耳から鱗です!

余計なお節介でした。ではでは。