• あすか工房

自撮りがやたら上達したので伝授します

アパレルを始めた当初は、モデルとカメラマン雇ってカタログ作るぞ〜なんて意気込んでたのですが、それもつかの間、予算ないじゃんってことで自撮り始めましたw


「モデル気取りですか」なんて言われることもあったけど、ええそうですよ、服を作るだけじゃない、服の魅力を伝えることも私の仕事なんです。 少人数でやってる小さなデザイン事務所ですので、代表の私はとにかくなんでもやります。 営業もするし、製作もするし、経営もするし、カメラマンもモデルもやるんです。


そして、この貧乏ゆえに始めた自撮りですが、これが私にとって大きな財産になりました。

店舗を持たず、ネット販売のみで営業しているので、あすか工房の作品の魅力を伝えるのに一番大切なのは写真です。 この一番大事な部分を、自分でこだわることによって、自分の作品の見せ方がとてもよく理解できました。 もちろん、プロのモデルやカメラマンも、作品をちゃんと良く見せてくれるとは思うのですが、作った本人が見せ方にこだわりを持ってるか、見せ方が分からないから人に任せるのか、は大きな違いです。


ところで、自撮りの上達が半端ないのでご報告しますw


最初に撮った自撮りこれ。 ヘッタクソww




スカートが商品なのですが、全く良さが伝わりませんね。 色味とか柄とか、これじゃ分からない・・・。 背景も適当・・・。


それから研究して、その後の自撮りの撮り方はどんどん変わっていきました。





上達して来ました。 あすか工房が上達のきっかけになったポイントを書いてみます。


・見せたい商品がなんなのか一発で分かるようにする ・生地の柄と色味が実物と同じにする(完璧には無理だけど) ・背景は一箇所に決めて、服が映えるように白い壁で、でもいわゆる壁紙の前じゃなくてちょっと模様のある白い壁だとなお良い


最後の背景ですが、Instagramなどで着画を載せているので、背景を見たときに、「あ、これあすか工房だ」って分かるように工夫しました。 新作の服を見てもあすか工房だとは分からないと思うのですが、いつもと同じ背景だと、見てる方も気がつくからです。


自撮りに関しては、かなり研究してますので、これからもあすか工房流の自撮りの方法を伝授していきたいと思います。 参考になったらシェア!

​2016 あすか工房 allrights reserved

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter